人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

「ねこをもらったよ」原画展 at weekend books





先日の日曜日は、
甥っ子の高校入学祝いにと...

サッカー用のスパイクを買いに
お出掛けしてきました。


あ、今日は彼の入学式でした...





息子のサッカーの先輩が働いているという
スポーツ用品店に向かいましたが、

選ぶのには時間がかかるということなので、
その先輩に甥っ子(の接客)をお願いして...






わたしは少し抜け出して、


最近行きつけの
weekend booksさんに行ってきました♪
「ねこをもらったよ」原画展 at weekend books_f0354014_15192421.jpg
歩いて5分くらいで着きました☆

最近運動足りてないから歩きました~(^-^;






weekend booksさんでは、


会期を延長して...

イラストレーターの木下綾乃さんの
「ねこをもらったよ」原画展が、

開催されていました☆
「ねこをもらったよ」原画展 at weekend books_f0354014_15192371.jpg
相変わらず、素敵な空間~♪







著者の木下綾乃さんからのメッセージには...

「大切なパートナーをもし突然失ったら。。。
 というテーマを、
 大好きな猫を通じて描いてみました。」

と、ありました。
「ねこをもらったよ」原画展 at weekend books_f0354014_15192275.jpg




絵本の中身を少し。。。






女の子は、
いつも白猫のゆきと一緒です。
「ねこをもらったよ」原画展 at weekend books_f0354014_15192394.jpg
何をするときも一緒。。。







でも突然...

ゆきがいなくなってしまったのです。
「ねこをもらったよ」原画展 at weekend books_f0354014_15192078.jpg
たった一人の友だちのゆきがいなくなって、
女の子は寂しい日々を送りました。









そこへ、
ある雪の日に小さい黒猫に出逢いました。
「ねこをもらったよ」原画展 at weekend books_f0354014_15192195.jpg
黒猫はゆきとは違って、
やんちゃ猫。。。


何をしても、
やっかいなことばかりでした。


でも、最後に一つだけ
白猫のゆきと同じことをしてくれるのです。






そこで、
女の子が黒猫を受け入れることになります☆


「雪のようにまっ白でかしこい猫と、
 ゆきがくれた、まっ黒な贈りもの。」


「女の子の成長を描いた物語、感動の絵本」

と紹介されていました。












「大切なパートナーをもし突然失ったら...」

この木下綾乃さんのメッセージが、
わたしの頭の中をぐるぐる回りました。。。

もし突然夫がいなくなったら。。。(*ノωノ)





日本は、
極端に「死」というものを避ける傾向があるみたいですね。

生きている限り、
「死」とは隣り合わせ。

避けてばかりいては、いけない気がします。



わたしも、もしその日が来たら。。。
ということを考えて、

この本を持ち帰ることにしました。
「ねこをもらったよ」原画展 at weekend books_f0354014_15193826.jpg
きっと、その時に
何か役に立ってくれる気がしたからです。






それも。。。
最後に一冊残っていたサイン本♪
「ねこをもらったよ」原画展 at weekend books_f0354014_15193652.jpg
先週末に木下さんご本人が
いらっしゃったようですが、

「絵本の中のようにかわいらしい方でした☆」

と、お店の方が教えてくださいました^^






他にも、
手ぬぐいを一枚購入したら...

可愛い絵葉書もおまけしてくれました☆
「ねこをもらったよ」原画展 at weekend books_f0354014_15193776.jpg






トラコミュ
私の暮らし

トラコミュ
暮らしを楽しむ

トラコミュ
すこしいいこと。うれしいきもち。




正直...

最初はあまり興味がなくて、
忙しい日々の中でこの展覧会に
行くのは無理だと思っていました。

会期が延長されていなければ、
こうして行くことはなかったと思います。



なんか、
引き寄せられた気がしました...

来させられたというのか...






結果、
本当に行って良かったです^^


かわいらしいイラストに癒され、

同時に「生」と「死」について
考える時間も与えられました。

とても充実した時間となりました☆




この展覧会は、

これまで鎌倉、大阪とまわって来て...
次は岩手県盛岡市の「hina」さんというところで
開催される巡回展のようです。

hinaさんのお近くの方がいらっしゃったら...
ぜひ足を運んでみてくださいね☆



今日もお越しいただき、
ありがとうございました(*^-^*)

最後に応援のクリックを、
ぜひお願いします↓☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ





Commented by yumcafe at 2015-04-07 22:08
Yukoさん
ここにも出会いがあったんですね(^-^)
私は人が産まれる瞬間も
命を終える瞬間も
立ちあわせていただき
生きることと死ぬことを学びました
より良い死を迎えるために生きるなんて
健康なときは考えないですもんね
なんだか重たくなってしまってごめんなさい
何かを感じる日々がとっても素敵だなぁと思います
Commented by keiki220 at 2015-04-07 22:49
こんばんは。。。

甥っ子くんのご入学おめでとう^^

本当に考え深い絵本だね。
普段考えない・・・考えちゃいけないような。。
あまり考えたくない事だよね。
でも生きてる限り避けて通れないのも事実。。
思わずウルッとしちゃったよ。

優しくステキな物語の紹介。。ありがとう。。。

Commented by happykochi at 2015-04-08 00:50
YUKOさん、こんばんは☆見る頃は…おはようございます(^-^)/かな。。

「生」と「死」、とっても難しい問題だけど、常に側にある…って言うか。。
私も、マーさんが居なくなったら…って考えるだけで、怖いし、涙が出ます。。
誰でも大切な人を亡くすことを考えるのは辛いけど、現実問題、あり得る事ですもんね。
私も、その絵本を読んでみたくなりましたが、普通の本屋さんだと売っていないのかな。。

そういう、展示会に出会えたYUKOさんは幸せですね。その引き寄せの力、スゴイですね。さすが、YUKOさん☆それを記事にして下って有難うございます(^-^)
ネットでも、検索してみますね♪

甥っ子くん、ご入学おめでとうございます*\(^o^)/*
素晴らしい、高校生活を送れると良いですね!素敵な靴に出会えたかな…(*^^*)
Commented by alovingrabbit77 at 2015-04-08 08:55
ゆんさん☆
おはようございます(^^♪
そうやって考えると。。。わたしは人が産まれる瞬間も、命を終える瞬間もまだ立ち会ったことがありません。。。
わたしの学びはまだまだこれからですね☆

きっと何が正しくて、何が間違ってるということはないのだと思いますが、どこかで自分なりの答えが持てるよう、日常の中でも考える時間というのを持つことが大事なのかなと思いました^^
お話しできて、嬉しかったです☆
Commented by alovingrabbit77 at 2015-04-08 09:00
keikiさん☆
ありがとうございます^^
雨の入学式。。。甥っ子はどうだったんだろう...?
姉からは、甥っ子の入学式には触れず、いつものようにピピポポちゃんの写真だけが今朝送られてきましたが(笑)

長くなってしまった文章。。。(いつものことか?!)
まっすぐと読んでくださり、ありがとうございました^^
難しいテーマですが、自分なりの考えは持っていたいですよね☆

絵本って、簡単に読めてしまうものだけど、その奥には深い想いが込められて作られていること。。。改めて感じました(*^-^*)
子供の頃の絵本はもうどれも手元にはないのですが、また一から絵本を集めようとしてるわたしは、そういう深い想いをもっと知りたいと思っているんだと思います♪
Commented by natural--style at 2015-04-08 09:06
yukoちゃん*

お久しぶり♫
。。。ってここではお久しぶりだけど
毎日どこかでお話ししてたね^-^

う~む。。そうだよね 生きてるってことはいつかは
お別れもあるって言うことだものね。。
色んな思いが込められた本なんだね。。

そうそう、、keikiちゃんのコメントで。。
甥っ子君入学だったんだねっおめでと~
で。。yukoちゃんトコは 3年生に??
今年は受験かな˘◡˘*
Commented by alovingrabbit77 at 2015-04-08 09:07
harusukiさん☆
おはようございます(*^-^*)だね~♪
昨日は、更新して早々と寝ちゃったよ💦
harusukiさんも、夜は早目にお休みしてね~! 笑

この絵本、Amazonとかでも売ってたと思うよ☆
良かったら手に取ってみてね^^

こういう不思議な出逢いがあると、自分は自分の力で生きてるっていうより、生かされてるんだなぁって思うことがあるの☆
なんていうか、自分の考えだけで突き進もうとするんじゃなくて、周りに起きて来ることの中に、自分に必要なものがたくさんあるはずだから、いつもフリーでアンテナを張っておいて、与えられるものを素直に受け止めていかないと損しそうな気がするんだよね^^
今回も、こうして自分の考えじゃなくて、流れに任せたことでこういう出逢いがあったから、本当に嬉しかった(´艸`*)☆

甥っ子は、お祝いの予算内で、スパイク2つに靴下一足を買ってました(笑)
先輩がたくさんサービスしてくれたみたいで、本当はもっと値段するところを安く買えたから欲張っちゃったみたいで。。。喜んでたよ(#^^#)
ありがとね~♪
Commented by 11char-land23 at 2015-04-08 10:12
Yukoちゃん、こんにちは。
まずいです。。。あらすじを読んだだけでウルウルして
きました。。。
大切な人がいなくなったら、、私も時折考えるんですが
辛すぎて途中で思考ストップです。。

すごく、手にとってみたい絵本です!
Commented by alovingrabbit77 at 2015-04-08 11:59
ai*ちゃん☆
お久しぶり~!。。。では、ぜんぜんないけど(笑)
ようこそいらっしゃいましたヽ(^o^)丿

わたし、まだまだ近親者とのお別れを体験したことないの。。。
おじいちゃんは二人とももう亡くなってるけど、遠くに住んでたし、まだ子供だったからな。。。
これから先、まだまだいろんな経験していくと思うから、その時々にちゃんとこの女の子のように成長していけるよう、考えておきたいなって思ったの☆
それを外しても、この本はほっこりして、絵も可愛くて、すごく癒されるよ~♪

あ、今回入学の甥っ子は、小さいころからわたしのことが大好きでいてくれてて、だからわたしも余計気に掛けちゃうんだよね☆
勉強も運動も自分なりに頑張ろうとしてて、今回は珍しい「スポーツ科」に合格!体こわさずに、頑張って欲しいな^^

実際の息子も、一年後に後悔してほしくないから、新学期入る前から一緒に勉強してるよ~♪
Commented by alovingrabbit77 at 2015-04-08 12:01
char子さん☆
うんうん。。。大切な人って、旦那様もいるけど、子どもたちもそう。。。親も、親戚も、友人も。。。
考え出したらキリがないけど、その時に慌てふためかないように、自分をどこかでしっかりもっていたいですよね☆

あ。。。この絵本の女の子は、わたしの中では、char子さんの娘ちゃんのイメージ♡
こんな風に可愛いんだろうなって(*^-^*)
Commented by MAI at 2015-04-08 14:33 x
可愛らしく
ほっこりする絵ですね
私は犬を飼っているので
動物との別れ・・・すごく心に響きます
機会が有ったら見てみたいです
Commented by megane1001 at 2015-04-08 16:01
おはようございます!
朝から胸が少しキュンと痛くなるお話で•••
でもその痛みはネガティブなものでなく、なんだか背中を押してくれるような感じです。

私はこちらに来てから、やたらと自分のも含め家族や友人の生と死について考えてしまいます。
というより、どこで終焉を迎え、日本にいる大切な人たちがその時を迎えたときに、どういう動きができるかみたいなことですけど•••

日本にいたらココまで『どこで』ってことは考えなかっただろうなと思います。

Yukoさんが、この絵本に導かれたように私もそういう風に考えるべき運命だったのでしょうねー。

いい話を聞かせてもらえて良かったです!
Commented by kym-2236 at 2015-04-08 17:28
Yukoさん、これは読んだらウルウルになっちゃう絵本ですね!
ちょっと考えさせられちゃう。。。
「死」という別れを乗り越えて「出会い」があり。。。
その時を迎えた時に後悔しないよう、、、
1日1日を大切に過ごさなきゃ、、、と思うよね。
Commented by alovingrabbit77 at 2015-04-08 20:58
MAIさん☆
こんばんは(#^^#)
本当に癒される、可愛らしい絵ですよね♪

そうなんですね。。。MAIさんは犬を飼っておられるのですね☆
そうであれば、絵本の通りの気持ちに近いものがありますね^^

わたしは自分自身で動物を飼ったことはないのですが、常に姉が犬や猫を飼っているので、この本を見せてあげようと思いました。

ぜひどちらかで見かけたら、手に取ってみてくださいね☆
Commented by alovingrabbit77 at 2015-04-08 21:03
meganeちゃん☆
こんにちは~(#^^#)。。。くらいかな?

なんだか素敵な表現でのコメント。。。meganeちゃんのコメントに、わたしがキュンとしちゃった(*^^*)

ああ。。。なんか、meganeちゃんの気持ち、分かる気がする~!
わたしもイギリスに居るとき、自分がこれからどこでどう生活するかは分からないけど、「死ぬのは絶対日本!」ってなぜか決意してたもの( *´艸`)ププ
あれ以来、イギリスに戻る気配はないのにね。。。(笑)

物語への出逢い。。。人の言葉との出逢い。。。こういう一瞬を大事にしていけば、人生が厚く深いものになっていくんだろうね^^
これが、目の前にあるものを見逃さず、充実した人生を送る秘訣なのかもね~♪
Commented by alovingrabbit77 at 2015-04-08 21:11
rintamikuさん☆
そうそう!側に居るのが当たり前じゃないんですよね~!
その一瞬一瞬が、共に過ごす貴重な時間なのですよね☆

有川浩さんの小説って、自衛隊関係の内容が多いのだけど、その中によく「いつ何が起こるかは分からないから、たとえ喧嘩した翌朝でも、必ず笑顔で送り出してあげてくださいね」と自衛隊員と結婚した奥様にかける言葉がありました。

これは、自衛隊員だけじゃないですよね。わたしはいつもこの言葉を胸に、家族と時間を過ごしたいと思っています(#^^#)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by alovingrabbit77 | 2015-04-07 21:53 | 素敵な場所(静岡県) | Comments(16)

すぐそこにあるキラキラ輝くものを発見しながら、一日一日を大切に過ごしていける自分でありたいです。


by Yuko