人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

遺品整理のタイミング






今日は無事に、

2回目の刺し子教室を終えました。


またゆっくりとレポさせてくださいね(#^^#)





今日のところは...

昨日アップしたいと思っていた記事を、

お教室参加者が急遽増えた関係で
その準備で忙しすぎてPCを開く暇もなく
そのままになってた記事を(笑)

お届けさせていただきますm(__)m





☆*・゜゚・*:.。..。.:*・☆・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆








先日、

義父の五十日祭の法要を終え...



その翌日には、

遺品整理も兼ねて
実家の片づけをしたという、

記録を報告させていただきました。

遺品整理のタイミング_f0354014_10043590.jpg


あまりの私たちのあっさりした行動に、

驚かれた方もいらっしゃったはず。








義父の亡くなった頃と同時期に肉親を亡くされた方より...

「お義母さんは、お義父さんのモノを
 戸惑うことなく処分されたんですか?」

そうしたご質問をいただきました。





信仰のおかげもあってか、

義母には輪廻転生の考え方が
しっかり根付いていたからでしょうか...

それともモノ自体に執着する
気持ちがあまりなかったのか...




それ以上に、

自分のモノさえも
管理しきれなくなっていた義母には、

これまで管理外であった
義父のモノまでは、


特に気持ちの上で

もうこれ以上は
手に負えなかったのかもしれません。。。

家具自体も何十年も使って劣化している
かなり古いものばかりでしたし。





お義母さんは最初から、

「もう全部いらんから、ほって」
※ 関西弁「ほる」=「捨てる」

と仰っていました。

遺品整理のタイミング_f0354014_09021569.jpg


一方、息子である旦那さんも...

自分が片づけを終えているおかげもあり
「遺品=思い出品」についての判断も、

しやすかったんだと思います。

※ 片づけではこの順番が、本当に大事。




義父の部屋のどこに何があるかを
把握したわたしは、

そのほとんどが義父が生前
熱心に活動していた、

ボーイスカウト用品が多数を占めていたことを

旦那さんに詳しく伝えました。







それらを見て旦那さんが感じたのが...

「おやじ、
 本当はボーイスカウトを
 辞めたくなかったんやろうな」

ということ。





大人数兄弟の中で育った義父。

子どもの頃はやりたいことも自由には
させてもらえなかったのでしょう。


就職して独立してすぐに、
自らボーイスカウトに入隊したのだそう。

それから精力的に活動をされ、

仕事を退職してもなお...
数年前まで続けていました。




でも世代交代を感じたのか
体力の限界を感じたのか、

最後は担っていた立場ごと
身を引かれたのです。




お義父さんがどれだけボーイスカウトに憧れ、
その活動を楽しんでいたのか。

今現在、息子と孫にまでそれが
受け継がれていることが
どれだけ嬉しかったのか。



帰省の度に盛り上がるのも
ボーイスカウトの話ばかりだったことからも、

今思えば、本当によく分かります。





今では息子である旦那さんの方が
立場が上になり、

旦那さんが研修講師として立つ場にも、

お義父さんは何度も参加され
話を熱心に聞かれていたそう。



「息子の話なんて、よう聞きに来るよなぁ」って、

旦那さんは言っていましたが。。。



きっと、息子が立派に育って
嬉しかったんでしょうね☆






そのお義父さんが大事に保管していた
ボーイスカウト用品の中から
旦那さんが残したがったのは...

ボーイスカウト上栄誉があるという
ある勲章のメダルと賞状。

業者の回収が来る前夜には
すぐに見つけられなかったのですが...




当日、

回収作業をしながらやっと辿り着いた
開かずの扉から出てきました。


他にも貴重なものなど
気になったものもあったようですが...

色々と迷った末に、

旦那さんはそれだけを残すと
決めたようです。





それとは別に回収作業中に
わたしが発掘したのは、

古いファイルに挟まれていた

義父の通知表に混じっていた
旦那さんとお義兄さんの通知表の数々。



お義父さん、

息子たちの通知表を
大事に保管していたのですね。
(当の本人はすっかり忘れてたけどw)


それも取っておきました。








すでに話は長くなっておりますが。。。


今日のテーマは「遺品整理」


片づけコンサルタントとして
お話をすると、




遺品整理のタイミングは

遺族の心の準備ができた時

です。




それが亡くなってすぐのこともあれば、

半年後だったり、

1年後だったり、

人によっては数年も後のことだったり。




これは本当に、人それぞれ。




気持ちが落ち着いて
やろうと思えた時でいいんです。

無理に片付けなきゃと思わなくていいんです。



我が家ほど、こんなに早くする必要はありません。






それと。。。

もし片づけレッスンで
遺品整理もお手伝いするとしたら、


「遺品」は「思い出品」となるので...

基本的にはご自身のモノを
全て片づけ終えた後に、

遺品の片づけをしていただきます。




先ほども触れましたが、
この順番はとても大事。

自分の持ちモノの片づけを終えていると、

遺品整理が想像以上に
スムーズに進むのです。


これは、やった人にしかわからない原理なのですが(^-^;



お義母さんについても、

コロナ感染から退院した後
ずーっと片づけを進めてきましたからね。


実際にはまだ終えていませんが

そういう意味でも、

踏ん切りがつきやすくなって
いたのかもしれません。




それに。。。

一緒に片づけをしていて
何度も耳にしたのが、

「これ、おとうさんに買ってもらってん」

という言葉。



既にお義母さんの持ちモノには
お義父さんとの思い出が、

たくさん詰まっていたんだと思います。




だから、

あえてお義父さんのモノを残さなくても
お義母さんは満足していたのかもしれません。






ただし・・・

自分のモノの「片づけ」も、
本人の意志次第なのでね。

必ずしもこの順番を経てから
遺品の片づけに入れるとは、

限らないと思います。






そういう時でも有効な1つの方法は、

遺品に太陽の光を浴びさせること。

遺品整理のタイミング_f0354014_10274772.jpg


箱に仕舞い込んだり、

押し入れに突っ込んだりせず...



一度思い切り太陽の光を浴びて
もらうことで。。。



判断もしやすくなるそうです。


※ こんまりさん曰く
(わたしはまだ確証まで行き着けていませんがm(__)m)






ここでは、

遺品整理のタイミングとコツを
ちょっとだけお伝えさせていただきました。


参考になれば幸いです。













にほんブログ村テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!











ちなみに今回我が家が
不用品の依頼をした回収業者は




電話でお話しした時の感じの良さ。

リサイクル家電は費用が追加されるけど
それ以外に回収を断るモノは無いこと。

基本料金がある程度良心的。
(安すぎると反対に疑う)

回収したモノは「捨てる」だけでなく
ちゃんと分別してリサイクルしたり
モノによっては販売して人の手に渡るようにしてくださる。
(わたしたちがやりきれないところを担ってくださる)



そうした点からチョイスしましたが。。。



今回出会えて良かったと心から思えるくらい、

見積もりに来られた担当者も
当日の回収担当者さんたちも、

ものすごく素敵な方たちでした。

※ 拠点がいくつかあるので、
 その拠点ごとにも違うと思いますが。

遺品整理のタイミング_f0354014_10472818.jpeg


2往復目も結局トラックいっぱいいになった様子w




よくよくお話を伺うと。。。


やはり今増えているのは、
遺品整理だということ。


この少し前にも、

一軒丸ごと一掃するお仕事を
されたと話していました。



そして今亡くなる方の多くは、

本当にモノをたくさん抱えておられるということも。




お義母さんに対しても、

こうして動ける時に可能なだけは
手放しておくこと。

そして今後の自分のために
動きやすい環境にしておくことを、

心より推奨しておられました。




その言葉の奥には。。。

決して自分たちの利益目的だけで
言ってる人たちではないことも、

感じられました。




「本当に貴重なお仕事されていますよね」

「体に気をつけて、これからも頑張ってくださいね」
「今後の日本のためにも...」

「また何かあれば必ず御社に依頼します」

そうお礼を伝えしました。




わたしが片づけコンサルタントを
していると伝えると、
素直に食いついてくださいましたけどw




ただし。。。


これから増えそうなのは、
コロナ倒産の対応だそうです。

特に飲食店。


コロナが落ち着いたとはいえ、
人出も簡単には戻りませんものね。

わたしたちも外食しないことに
慣れてしまったもの。







そうしたことを考えても、

どんな状況にある人でも、

「今」「できるうちに」

家もモノも心も体も全て一緒に
片をつけておくことを、

わたしも勧めていきたいなと感じました。



そうすることで人生も必ず変わる。



そのことをちゃんと、伝えていけたらいいな。








今日もお越しいただき、
ありがとうございました(*^-^*)

いつも励みになっています!

写真をクリックして応援いただけると、
とっても嬉しいです↓

ブログ村ランキングに反映されます。



☆こんまり流片づけコンサルタント活動☆

サービス内容のご案内ページ

まずは無料相談からどうぞ


最近のインスタメイン投稿はこちら
Instagram @yukotookataduke 
Instagram


片づけについてのご質問やご感想
お気軽にお寄せください!
Yukoとお片づけ♪公式LINE登録




PVアクセスランキング にほんブログ村


更新を通知する







Commented at 2021-11-22 10:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by alovingrabbit77 at 2021-11-22 22:01
☆鍵コメさん☆

記事をアップするのが遅れてごめんなさ〜い(;・∀・)
でも、おかげで本当に良い記事が書けました(と、わたしは思ってる笑)

状況はよく理解してもらえたようね^^

本当に。。。遺品整理はモノを片づける問題よりも、まずは遺族の心が落ち着くことが先決。
それらを目の前にしているご家族が、「やらなくちゃ」と思うよりも「やりたい」と感じて動き出せる時を、ゆっくり待つのが良いと思う。
普通の片づけとは、ちょっと違うところです。

こんまりさんのNetflix のマギーさんの回は見たかな?シーズン1の方です。
遺品整理として感動的な回でした。もし観てなかったら、1ヶ月だけでも会費支払ってぜひのぞいてみて^^
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by alovingrabbit77 | 2021-11-20 21:46 | こんまりメソッドとは | Comments(2)

すぐそこにあるキラキラ輝くものを発見しながら、一日一日を大切に過ごしていける自分でありたいです。


by Yuko