人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

創刊号から集めている雑誌が手放せません。




本のお片づけについて
一つご質問をいただきましたので、

ここでご紹介させていただきます(#^^#)




本ですが...

1番量が多いのが栗原はるみさんの素敵レシピと
創刊からのharumi
創刊から買ってる天然生活。。でした。

料理やお菓子の本も多いけど、
栗原さんはまだ手放せないし、
天然生活も好きで。。。

皆さんこういう本も
1冊1冊ときめくか表紙でチェックして
処分されているのでしょうか? 



という内容でした。

創刊号から集めている雑誌が手放せません。_f0354014_15010553.jpg


わたしもある一年間は、

「おかずのクッキング」を
毎月買い求めていたりしたし...

天然生活も毎回気になるくらいなので...

その気持ちがすごくよく分かります。

昔は「あだち充」の漫画本を
ほぼ全て買い揃えていましたしね(笑)




これは片づけレッスン現場でも
何度も見かける現象です。

もう何年も...
ずっと集めてきた本が並ぶ、

本棚。。。





まず一つのポイントは、

毎月発売されると当たり前のように
買ってくる雑誌があるということ。



そういう習慣をお持ちの方、

少なくないと思います。





こうして毎号買っている雑誌が
ズラーっと並んでいることが、

嬉しいのですよね(´艸`*)






このご質問に対して
シンプルにお答えすると、

「はい。一冊一冊手にとって
 表紙から感じるときめきで判断します」

となります。



でもきっとこの方の気持ちを考えると
そんな一言では物足りないですよね(;´▽`A``





揃っているものを歯抜け状態にして
ときめかないものを手放すのですか?

今から集めようとしても
もう過去のものは手に入らないし、
なのに手放すなんて考えられない。

こうして揃っているものを
一冊一冊手に取ったところで

どれにときめいて
どれにときめいてないかなんて...

表紙だけ触って本当に分かるもの?


。。。



いろんな気持ちが入り混じると思います。

創刊号から集めている雑誌が手放せません。_f0354014_15060026.jpg


ですので、

もし片づけレッスン現場で
こうした場面に立ち合って

同じ問いを投げられたら
わたしが最初にお答えするのは...





まずは。。。


「手放さなきゃいけない」

という考えは、
持たないでくださいね。


ということ。


なぜなら「片づけ」=「手放し」ではないから。

ここはかなり重要!



こうして揃っていることにときめく!
ということがあっても良いのです。





でも、

こうしてご質問されるということは
無意識上のどこかに、

手放したいという気持ちが
隠れているのかもしれません。






だったら...

「どうして手放せないのですか?」

とお聞きして、

ゆっくりとお話を伺います。


その後の流れは本当に人それぞれなので
簡単には説明できませんが。






もし良かったら...

同じように自分の本棚を見て
同じように感じている方がおられたら、


ゆっくり時間をかけて、

「なぜそれらの本に真向かうことを迷うのか」を

まずご自身で考えてみて下さい。



ゆっくり時間をかけて。。。ね。






それがもし...

人がモノを捨てられない理由の2つである

「過去への執着」
「未来への不安」

に当てはまるようだったら。。。



この「片づけ」を通して
自分がどこへ向かいたいのかを、

もう一度ご自身の中で
ゆっくりと考えてみて下さい^^










それと。。。

このご質問に含まれる疑問点として
もう一つ。

表紙を触るだけじゃなくて
どうしても内容を見て判断したい
という気持ちも入っているのかな?と、

思いました。



もちろん

表紙でときめきを感じることに
トライしてみた後であれば、

パラパラと開いていただいて結構です。

その前に、本棚から出した時にトントンと
本を起こしてあげることは、忘れないでくださいね。



ただし、読み込んでしまわないように注意してくださいね(笑)





パラパラっと見るだけで...

ときめきがググッと上がるのを
感じるものもあれば、

あれ?この冊子のどこにときめくのかしら?
って、疑問に思うものもあると思います。


その時の自分の感覚を信じて
ときめくモノだけを、

選んでください^^





ただし。。。



いつか...

片づけを終えて時間ができたら
またゆっくり読みたい!

という気持ちがあるのでしたら、

それは少し怪しいです。




なぜなら、

その「いつか」は、絶対に来ないから。





たいてい、

片づけを終えて時間ができた
本好きの人が取る行為というのは。。。

新しい本を見つけてくる

という行動が多いからです。





情報も「鮮度がいのち」なんです。



過去のご自身が欲した情報と

今のご自身や片づけ後のご自身が
欲する情報とはまるで違うものになるのです。

またこうした話も
どこかでしたいな〜



でもこれは、

ご自分が納得された時に
一歩を踏み出せたら良いのだと

思います^^









そしてもう一つだけ言わせていただくと。。。

「片づけなきゃいけない」

という気持ちも、

無理に持たないでくださいね☆







「片づけはマインドが9割」と、言いますが。



このマインドって、

少し厳しいことを言えば...

生半可なものでは
なかなか上手く進みません。

人生での大きな決断として、
一つの大きな覚悟になってきます。




それができていないと、

「でも...」という感情が
たくさん出てきてしまい、

気がついたら「手放せない」
という思いに囚われて、

苦しくなってしまいます。



だから、
「片づけなきゃいけない」
と、どこかで思っていた自分がいたら

少し休憩されてくださいね^^





「片づけ」って、

けっこう奥深いんですよ。


本の片づけだけでも数時間は話せそうですw













にほんブログ村テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!











参考までに。。。



片づけ相談会にご参加された上で
ご自身で片づけを進めながらも、

やはり片づけレッスンを受けたいと
お声がけくださったお客様に、

お写真共有の許可をいただきました。




ご自宅に伺った際の本棚は、このような様子でした。

創刊号から集めている雑誌が手放せません。_f0354014_19055965.jpeg


ご自身ですでに本の片づけをされた後だったので、

お家に伺った際はチェックのみを
させていただきました。


少しだけお話を伺って、

ちょっとしたアドバイスを
させていただいただけだったのですが。。。




その後もう一度自分の本を見直したくなって
改めて1冊1冊に向き合われたそうです。





そしてその後の本棚はこのように...

創刊号から集めている雑誌が手放せません。_f0354014_19060126.jpeg


きっとご自身の中にまだまだあった
たくさんの「迷い」と真剣に向き合って、

改めて片づけたいと思うご自身の気持ちを
明確にされたのでしょうね。

そうして見えてきた何かが
彼女を突き動かしたんだと思います。





「片づける」という意味も、

より深く理解されたのでしょう。





そして、こうして多くの本を手放すと同時に、

自分はあれもこれもと...
やりたいことがありすぎたということに、

気づかれたとも仰っていました。





そして、自分が本当にやりたいことは何なのか。。。


それがこの本の片づけの後に少しずつ

見えてきているそうです^^




今もこの続きの片づけを
少しずつ頑張っておられます☆










今日もお越しいただき、
ありがとうございました(*^-^*)

いつも励みになっています!

写真をクリックして応援いただけると、
とっても嬉しいです↓

ブログ村ランキングに反映されます。



☆こんまり流片づけコンサルタント活動☆

サービス内容のご案内ページ

まずは無料相談からどうぞ



Instagram @yukotookataduke 
Instagram


片づけについてのご質問やご感想
お気軽にお寄せください!
Yukoとお片づけ♪公式LINE登録




PVアクセスランキング にほんブログ村


更新を通知する






Commented at 2021-12-30 11:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by alovingrabbit77 at 2021-12-30 22:19
☆鍵コメ ユさん☆

こんばんは^^
そうだったんですね〜
お話を詳しく聞かずにお応えしてしまいましたが、でもご自身に合った方法をちゃんと見極めてお片づけされたということで安心しました。

それにしても。。。思っていたよりも?たくさん手放されましたね(*''▽'')
だいぶ気持ちの上でスッキリされたのではないでしょうか?
それに...ご自身にとってはただの情報誌ではないと感じられたことも、とても大切な気づきですね^^

そんなそんな。。。スパッといかないだなんて、それは人それぞれのペースがありますから、鍵コメさんはご自身の心地良いペースで、ゆっくり確実に前に進まれてくださいね。
こうしてご連絡いただけること、わたしもすごくすごく励みになります☆
また何かありましたら、いつでもご連絡くださいんね(#^^#)

こちらこそ、いつもこうしてコメントいただけることが本当に嬉しいです。ありがとうございます!素敵な新年をお迎えくださいね☆
Commented at 2021-12-30 22:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by alovingrabbit77 at 2022-01-03 16:11
☆鍵コメさん☆

お返事遅くなりました!
こちらこそ、いつもこうしてメッセージいただきありがとうございます。
実家の片づけも参考にしてくださっているのですね^^

今回年末にまたかなり進んだので、落ち着いたらゆっくりとレポを書いていきたいと思っています。
ぜひ楽しみにしていてくださいね☆

今年もまたたくさん、お話ししましょうね♪
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by alovingrabbit77 | 2021-12-15 19:17 | こんまりメソッドとは | Comments(4)

すぐそこにあるキラキラ輝くものを発見しながら、一日一日を大切に過ごしていける自分でありたいです。


by Yuko