人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。







自分が今まで繰り返してきたパターンを一つ
(おそらく)手放すことができた、

年明けの比叡山でのヨガのリトリート。




撮った写真を見返していると、


まるでそのわたしの心模様が
比叡山から見える空にも、

表れていたように感じたので。。。



今日はそれを共有させていただきますね♪






宿泊棟である延暦寺会館のお部屋からは、

琵琶湖が見渡せます。



この景色の移り変わりを見るのも、

滞在中の楽しみの一つ。

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10423347.jpeg


三連休で訪れた際の初日から二日目にかけては、

山でも雪が降ったくらいでしたから...



曇り空が続きました。

わたしの心も...
まだ不安だらけの時でしたものね。





それでも陽が落ちた後の街の景色は、

光がゆらゆら揺らいでいて
幻想的なんですけどね。。。

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10560323.jpeg


でもやっぱり雲があると、

わたしの心のように
ちょっぴり重い気がしますw






でも、


2日目の途中からは雲も晴れて

綺麗な青空が広がり始めました^^

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10425066.jpeg


これは昼食を終えて、
部屋に戻ってきた時に見えた様子(13時過ぎ)。


木々の雪も上の方はすっかりと
溶けてしまっていますね。






午後のヨガを終えて、

夕食前に部屋に戻ってきた時(16時半頃)は。。。

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10433676.jpeg


すっかり雲も無くなって、

陽が沈む準備が始まっているようでした。。。





もうね、

この自然の幻想的な景色は
5分とか10分の置きに、

どんどん変わっていくんですよ。





30分後の17時頃には、

真っ青に近かった空が
ぼんやり白めいてきて...


向こうのほうに見えるオレンジが
だいぶ幅を広げてきていました。

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10440476.jpeg


お部屋にいても、

やることは色々とあるというのに。。。


ついつい窓際で写真ばかり
撮ってしまっていたわたしですw





でもいつでもここに来た
目的は明確にしていたので、


隙間時間を利用しては、

不要なものは水で洗い流すイメージで
しっかりお風呂に入って湯船に浸かり、

体の浄化も意識していました☆






その後は夕食時間。

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10442581.jpeg


もちろん精進料理です。


最近はわたしも動物性のものを
だいぶ控えているので。。。

嬉しい内容です。




お水が美味しい場所だからか
食事も体調を崩すようなことが一切なくて、

いつもであれば外泊をすると
日に日に食欲が落ちるところ、

ここの食事は毎回最後まで
しっかり食べられます。



本当に不思議。






そして少し胃を休ませたら、

夜ヨガの時間。



22時頃に帰ってきて再度湯船に浸かったら
翌朝の早起きに向けて寝てしまうので、

夜景の写真は残っていませんでしたがw



さらに朝も早くてバタバタなので、

あまり写真が残っていないというw





ただ最終日は朝ヨガがなくて
根本中堂での朝のお勤めに行くだけだったので、

お出かけ前の6時半頃に
朝陽が昇る前の様子を、

ゆっくりと見ることができました☆

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10574266.jpeg


朝陽の光と空の深い青のコントラストが、

本当に美しい時間でした。




自然の作り出す色には、

感動させられるばかりですね( ;∀;)




この日の朝は、すっかり心も軽くなっていたからか。。。

この景色を見るだけでも
涙が出て来そうなくらい感動していました。




そして朝のお勤めから戻ってくる頃には
太陽はすっかり昇ってしまっていたので、

朝日が昇る時間帯の写真は、
一枚もありませんが。。。(;´▽`A``








一瞬たりとも同じ景色は存在しない、自然の様子。



こうしてブログで写真を並べられても
さら〜っと流されてしまいそうですがw、


毎瞬毎瞬その時の自分の心に合わせて、

心の中心に焼き付けたくなるような
美しさでした。





そういえば。。。

強い朝陽を浴びながらいただいた
朝ごはんは撮ってありました(笑)

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10472184.jpeg


普段に比べたら
多すぎるくらいの量なんですけどね。

あまりにも美味しくいただけるので、
毎朝ご飯をおかわりしてきました(´艸`*)




どんなことがあっても、

ご飯が美味しく食べられるって
元気に生きてる証拠ですよね^^





そんな風に、

自分の周りには幸せのカケラが
たくさん落ちているんだなと、

そんなことに気づけると。。。




どんな景色も眩しく見えてきます。

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10462562.jpg


たくさんの足跡の残る雪の上に、

木々の間から刺す木漏れ日。






写真には上手く写せなかったけど、

こちらは心に焼き付けたかった光。

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10452258.jpeg


屋根の上で溶ける雪の雫が
お日様に照らされて、

眩しかったんです。







ふと見上げた空には。。。


遠く飛行機が飛ぶ姿。

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10452417.jpeg


左上の方に見える、

小さな飛行機雲がそうです。









ひっそりと掛けられている
絵馬に書かれている、

文字にも心惹かれます。

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_11013643.jpg


ここに絵馬を掲げた一人ひとりが、

強い願いを持って
前に進もうとしてるんだな。


そんな美しさを感じる光景。







毎日同じように見えて、

毎日全然違う景色がそこにはある。



それは、自分の中が常に変化しているから。





そんなことに気づかせてもらえた、

数日間でもありました。






















そして少しでも煩悩を減らしたく、


チャンスある度に鐘楼を撞くわたしの姿(笑)

自分の心のあり方次第で、見える景色も変わってくる。_f0354014_10420106.jpeg

鐘楼を撞けたことも嬉しかったけど、


この時にたまたま境内散歩を
共にしてくださった方が、

お願いした写真撮影が
とても上手だったことが、

わたしの中では感動的でした。




「写真撮って〜!」

「は〜い!」

で終わりそうなやりとりですが。



「どのアングルにします?」
「特にここは入れたいという景色はある?」

って聞いてくださるし。。。


撮った後も、

「3枚くらいしか撮れなかったけど、
 ぜひ確認してくださいー!」

とっても丁寧に確認してくださる方。




そして、

撮ってくださった写真を見ると
今までになくセンスの良いカメラマン!
いやいや...普通の女性ですw



そんなことまで深く感動した、わたしでした 笑









今日もお越しいただき、
ありがとうございました(*^-^*)

いつも励みになっています!

写真をクリックして応援いただけると、
とっても嬉しいです↓

ブログ村ランキングに反映されます。



☆こんまり流片づけコンサルタント活動☆

サービス内容のご案内ページ

まずは無料相談からどうぞ



PVアクセスランキング にほんブログ村


更新を通知する






Commented at 2022-01-22 08:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by alovingrabbit77 at 2022-01-23 11:52
☆鍵コメさん☆

わたしの心の移り変わりと共に変わる空の色、一緒に楽しんでくださってありがとうございます(´艸`*)
光の写真もちゃーんと見てくださって、嬉しかったです。
鐘を撞いた写真も、本当にお上手でしょ!今まで撮ってもらった中で一番のお気に入りです♪

鍵コメさんも、ご両親を見て自然とされていることがあったりするのですね^^
そんな中で自分でも気に入ってるところとか。。。自分は受け継ぎたくないなって思うところ、誰にでもありますよね(笑)
そうした一つ一つの自分に上手に付き合いながら、本来の自分を探していく。それも楽しんでも良いのかもしれませんね☆
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by alovingrabbit77 | 2022-01-21 19:12 | 素敵な場所(関西) | Comments(2)

すぐそこにあるキラキラ輝くものを発見しながら、一日一日を大切に過ごしていける自分でありたいです。


by Yuko