人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

ばあばと生クリームの話






「Yukoの誕生日だから、

 ケーキを焼いてあげようと思って。」




誕生日の数日前から
そんな風に言ってくれていた、

ばあば。

ばあばと生クリームの話_f0354014_20575695.jpg


気持ちと行動がなかなか連動しないのは、

いつものこと。



誕生日の翌日にやっと
やる気になったようで、

一生懸命作ってくれていました( *´艸`)





これはお料理が苦手なばあばが、

唯一作れるケーキ。




昔ばあばがハマっていた

タッパーウェアのお料理教室で
習ったスポンジケーキです。

ばあば世代の奥様方は
タッパーウェアにハマってましたよねw
旦那さん宅のオカンの家からも
たくさんタッパーが出てきましたから。



このスポンジケーキ一種類しか作れないし、

それだけのためのケーキを焼く鍋や
ケーキドームだけど、

子どもの頃からわたしたちも
このケーキがずっと大好きです。




ただ。。。


最近は上手にスポンジが
膨らませられないし、

今回もお台所の方から...

「この生クリーム全然固まらない!」

なんて声が聞こえてきて、


生クリームを泡立てるコツまで
忘れてしまっていたようですがw





決して見栄えは良くないけれど、

愛情いっぱいのケーキは...

あれこれと奮闘しながら
何とか出来上がったようです(´艸`*)

ばあばと生クリームの話_f0354014_20580659.jpg


いちごにも生クリームが付いてたりして、

家族にしか見せられないような
見栄えのケーキだけど...

それが反対に嬉しいような気もします^^




じいじとばあばと旦那さんと
4人で取り合うようにして、

たいらげてしまいました♪






ケーキと生クリームを見て
必ず思い出すのは、

わたしが小学一年生の時の誕生日会。



たくさんのお友達が家に来てくれて
みんなでお祝いしてくれた中に、

ばあばが初めて作るケーキが登場しました。




でも初めてのことだけあって、

生クリームに砂糖を追加しないといけないことを
知らなかったらしい。。。

...ってか、初めてなら容器の横に書いてある作り方くらい読んでよー!!
と、今なら思う。
あの頃のわたしもまだ小学1年生で
分かりませんでしたけど(^-^;


甘みのないクリームを口にして
一気にテンションの下がる子どもたち。



でもでも、

確か何人かの男の子が...

「ううん。おばちゃん美味しいよ、これ!
 僕、すごく好きだよ〜!」

って、小学1年生にフォローされてたっけ(´艸`*)



まぁ、わたしもすごく嬉しくて
残ったケーキも全部食べましたけどね☆



この記憶、

ばあばの作るケーキを見るたびに
わたしは思い出すのですw




この記憶は今でも我が家で
語り継がれる笑い話の一つで、

ばあば主役の笑い話はたくさん存在しますw

そのおかげで今では
何年かに一度くらいしか作らないケーキでも、

ばあばは生クリームに砂糖を
入れ忘れることだけはないようです。。。w



ばあばと生クリームの話_f0354014_20380180.jpg

そんなことをここに綴りながら、

目の前に見えるお花が嬉しくて...

今日もほわっと
心があったかくなっています☆


















今日もお越しいただき、
ありがとうございました(*^-^*)

いつも励みになっています!

写真をクリックして応援いただけると、
とっても嬉しいです↓

ブログ村ランキングに反映されます。



☆こんまり流片づけコンサルタント活動☆

サービス内容のご案内ページ

まずは無料相談からどうぞ



PVアクセスランキング にほんブログ村


更新を通知する






Commented at 2022-04-01 14:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by alovingrabbit77 at 2022-04-01 20:22
☆鍵コメさん☆

コメントありがとうございます(#^^#)
鍵コメさんも、同じような思い出があるのですね。
そうそう。。。焼き上がるケーキの香り、わかります!!
そうして考えると、私たちの姿の半分以上は、両親による思い出で出来上がっていそうですよね(笑)

素敵なハガキを送られたのですね。
周りの目とか気にしなくていいと思います。
ご自身の気持ちを堂々と送って差し上げてください♪
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by alovingrabbit77 | 2022-03-30 19:53 | おやつの時間 | Comments(2)

すぐそこにあるキラキラ輝くものを発見しながら、一日一日を大切に過ごしていける自分でありたいです。


by Yuko