人気ブログランキング | 話題のタグを見る
NEW POST

世界に一つしかない鍋つかみ





刺し子の技術としては...

わたしの作るものは
模様の多様性に欠けるし、

単純過ぎて人によっては
面白みに欠けると感じるものかなと
思ったりもするのですが。。。



そんな思い込みも
吹き飛ばしてくれるのが、

パッチワーク刺し子だなって
思ったりしています。

世界に一つしかない鍋つかみ_f0354014_09284073.jpg


少しアップにして撮ってみた。



生地の色の組み合わせや
そこに施す刺し子模様の違いで、

そのバリエーションは
計り知れないくらいできそう。




手間ひまはかかるけど、

そんな煩わしさも
軽く乗り越えられちゃうのは

やっぱり出来上がった時の満足感かな。

世界に一つしかない鍋つかみ_f0354014_09274134.jpg


今回いただいたオーダーでは、

過去の作品に似たような色の組み合わせの
鍋つかみが欲しいと、

ご指定いただきました。




「こういうのが欲しい」

と分かりやすくはっきりと
示してくださる反面...

「最終的にはお任せで」

って皆さん口を揃えて
おっしゃっていただけるのが、

本当に助かりますm(__)m☆





同じ色と模様の配置で
全く同じものをいくつも作るという手も

あるのでしょう。


きっとその方がずっと楽なのかも。




でも、わたしは何故だか
最初からその発想がありませんでした。

友人に「全部違うんだね」って
指摘されて初めて、

「あ!そういう手もあったのか?!」

と、気づくという。。。(;´▽`A``

世界に一つしかない鍋つかみ_f0354014_09274983.jpg


裏面は、柿渋染めリネン一色にさせてもらいました。



それに気づいた時、

一度全く同じものを
作ってみたのですがね。


ものすごくつまらなかった(笑)


あ、別に嫌ではないんですけどね...




1つ1つその時の流れで
組み合わせを生み出せるからこそ、

夢中になれるんだなぁと

わたしなりの楽しみ方を実感。




そして、

それに付き合ってくださる
皆様にも大いなる感謝が湧いてきました☆





良く言えば。。。


「世界に一つしかない鍋つかみ」


そんな大袈裟な表現をしながら、

これからもパッチワーク刺し子を
楽しんでいこうと思います^^





わたしは、どこまでもわたしらしく。。。




ともともさん、
この度はお作りする機会をいただき
ありがとうございました☆



今日もお越しいただき、
ありがとうございます(*^-^*)

いつも励みになっています!

写真をクリックして応援いただけると、
とっても嬉しいです↓

ブログ村ランキングに反映されます。



☆刺し子オーダーの進捗状況☆
※ 現在オーダーは受け付けておりません。

ともともさん パッチワーク鍋つかみ 発送済
ほたるぶくろさん パッチワークポットマット 発送済
さくらきぶんさん コースター 発送済
ヌーヌーさん パッチワーククロス 作成中



PVアクセスランキング にほんブログ村


更新を通知する






Commented by ひろこ at 2022-07-17 20:03 x
ゆうこさんのパッチワークの刺し子をよくブログで見ているからなのか、この間Oxfam(チャリティショップ)に行ったらインドの刺し子?があるのが目に留まりまして。これじたいは前からあるんだけど気になって見てみたのは今回が初めて。ただまっすぐに縫っているだけなんだけど、なんだか素敵だなぁと。刺し子のワークショップに行った時も表がパッチワーク風になっているのが面白いなと思ったんですよね。パッチワークじたいはあまり好みじゃないけど、刺し子と組み合わせると興味深いですよね。いつかインドの刺し子も習ってみたいなぁと思い始めています。いろいろ興味が尽きません。
Commented by alovingrabbit77 at 2022-07-18 19:08
☆ひろこさん☆

アジアの方の国では、刺し子と呼ばれているかどうか分かりませんが、丁寧に縫って模様を作り出すような伝統技術がありますよね。
わたしもお土産に見せてもらったことがあります(#^^#)

パッチワークと刺し子の組み合わせの面白さも分かってもらえて嬉しいです♪

うんうん。
世の中には面白そうなものがいっぱい!
わたしも興味が尽きなくて、困ってます(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by alovingrabbit77 | 2022-07-16 11:12 | 刺し子:リネン小物 | Comments(2)

すぐそこにあるキラキラ輝くものを発見しながら、一日一日を大切に過ごしていける自分でありたいです。


by Yuko